新型コロナ下で出産、どうなるの?

なかなか終息のめどがつかない新型コロナウイルス。

一体いつまでこんな不安な気持ちで過ごせばいいの?

つわりも辛いのに・・・という方へ、現在わかっていることをまとめます。


①今のところ、感染妊婦に重篤化傾向はみられない

中国で新型コロナ感染が確認された15人の妊婦の経過では、完治までに11人の患者が出産し、妊婦全員が回復、新生児への感染もなかったと報告されています。(AJR Am J Roentgenol.2020より)

また、アメリカで新型コロナ感染が確認された43人の経過を調べた研究から、妊婦が特に重篤化しやすい傾向はみられないとの結果が報告されました。(米産婦人科学会誌:AJOGより)

出産直後の新生児検査も、感染は一人も確認されなかったそうです。

②妊婦が新型コロナに感染する確率は非妊娠時と同じ

諸外国のデータから見ても、妊婦が新型コロナに感染する確率は非妊娠時と同じであるといわれています。

以前の記事でもご紹介したような感染対策を実施して、発症を防ぎましょう。

ただし、つわりで免疫力が下がっている場合は感染した場合、持病があるのと変わらないキツさになる恐れがあります。そのため、なるべく外に出ない生活を心がけてください。

③感染が終息するまで、検診・出産のサービス(エコー立ち合いや立ち合い出産、面会など)は制限される

病院それぞれの感染症対策によりますが、ほとんどの病院では「風邪症状のある人の受診制限」「妊婦以外の来院禁止」「立ち合い出産の禁止」「面会の制限などといった様々な感染症対策が行われます。

通常と違い、理想的なバースプランを実施することは、しばらく難しそうです。

残念ですが、もし自分の産院で院内感染が起きたら・・・すべての患者が転院せざるを得ない状況になってしまい、その被害は甚大です。最悪、臨月に産院が見つからない!ということもありえるのでここはみんなで我慢して乗り切りましょう。

④上の子が保育園に在籍中の場合、病気休職中・産休後期・育休中の登園自粛を求められる

先日出された緊急事態宣言の影響で、上の子が保育園への登園を自粛するよう求められる場合が出てきました。現在全面登園停止の保育園もあるようです。つわり・臨月等できついなか上の子の世話をするのは非常に大変だと思います。ただし、全面登園禁止でない場合はどうしても預けなければならない体調であったり、夫が医療職などで休みが取れない場合、登園は可能なはずですので本当にキツイ時には園へ相談してみることをお勧めします。

子供の感染も心配だし休ませたい、でもきつくてそれどころではない・・・ずっと続けるわけではないのですから。そんな時はAmazonPrimeでも、Youtubeでもいいです。1カ月程度の辛抱と思って無理せず子供と過ごしましょう。ストレスをためることが、免疫には非常によくないです。家族みんなでできる免疫力UP法についてはまた別ページへ記載しますね。


いかがでしょうか。

また新しい情報が出てきたら、追記します。

私ももうすぐこの状況下で出産です・・・。こんな状況下での出産なので不安ですが、皆さんがつわりの合間にでも暇つぶしで読めるような体験をしてきますね!!!笑

↓この記事が気に入ったらシェアしていただけると嬉しいです↓

おすすめの記事