入院時のスケジュール・治療

私が入院したのは個人経営の医院でしたが、

参考までにお伝えします。

毎日行われること

① 医師による回診

② 看護師による回診(基本、朝・昼・夜の3回)

③ 点滴治療

④ 投薬

以上の4つが必ず毎日実施されることでした。

食事については3食の内容を栄養士さんと体調に応じて相談し、

食べれそうなもの、吐きやすいものを出してくださいました。

ちなみに私が入院した部屋は個室で、差額のないお部屋でした。

時々行われること

週に2回 : 尿検査(ケトン体の測定)

週に1回 : 診察と腹部エコー検査

2週間に1回 : 血液検査

週に1回は必ずエコーの検査があり、赤ちゃんが少しずつ大きくなっていく様子を

見ることができました。

ものすごくきつくて絶望していても、この子のためにもう少し頑張ろう!

という気持ちにさせてもらったのは頑張る意欲が出てありがたかったです。

においのない静かな部屋で、動かずに点滴や規則正しい生活が送れ、

悪化したりほかの症状が出た際もすぐに投薬治療してもらえる、

これ以上ないくらい素晴らしい環境でした。

それでも、泣き続けるくらいつらいのがつわりですがね。

ビタミンの点滴中に何度吐いたことか。。

ですが、入院することで圧倒的に回復は早くなっていると思います。

つわりがひどいひとへの最後の希望です。

↓この記事が気に入ったらシェアしてくださると励みになります↓

おすすめの記事