入院したらすぐやったほうがいい手続き

辛すぎてそれどころではない、というのは十分わかっているので、

できれば家族に相談してやってもらいたいことがあります。

私のように自分だけでやることになって、後々困らないようにお伝えしますね。


① 限度額認定証の発行

申請すると、病院へ支払う金額がひと月あたり一定限度までになります。

所属の保険(国民健康保険、協会けんぽなど)などに申請をします。

長期入院になりそうな場合は、とりあえず申請してください。

国民健康保険

自分の住んでいる市町村の国民健康保険窓口へ相談します

協会けんぽ

健康保険証に「協会けんぽ」とある方はこちらより申請書がダウンロード

できますので、印刷・記入して各都道府県支部まで郵送してください。

組合けんぽ

大企業に属している方は、「○○健康保険組合」といったそれぞれの保険組織があり、

会社ごとに申請方法が異なりますので、健康保険組合名で検索して

申請方法を確認してください。

② 任意保険への連絡

保険証券を持っている人は手元に準備し、保険会社へ電話します。

会社によっては、指定の診断書を医師に記入してもらい提出する必要があり、

医師の記入には退院後1週間程度時間がかかったりします。

何度も病院に行くのは面倒だと思うので、早めに取り寄せて、

病院スタッフへ渡しておくと退院後の受け取りがスムーズになります。

③ 会社への連絡

有給→病休への切り替えなどが必要な場合があるため、

どの程度長引きそうか早めに上司へ連絡して、対応してもらいましょう。

また、有給がなくなって欠勤となった場合でも、一定の条件を満たせば

自分の所属する保険組合より傷病手当金が支給されます。

その場合も別途必要な手続きがありますので、(会社による無給の証明書など)

相談されると良いかと思います。

↓この記事が気に入ったらシェアしてくださると励みになります↓

おすすめの記事