つわり中・つわり後のボディケア

つわりが重いときは、とりあえず生き延びることを優先してください。

現に私は歯磨きだけしかロクにしませんでしたが、(一日でもさぼると胃酸で歯が溶けてめちゃ痛くなる)生きてます。

つわり中でもできれば最低限したほうが良いこと、よくなって少しでもできそうならやっとく(買っとく)といいものをお伝えします。


最低限やっておきたい

①はみがき

→胃酸で歯が溶けたり、口内環境が荒れて虫歯が非常にできやすくなります。水うがいやリステリン系の液体歯磨きだけでもいいのでできればやってください。

②リップケア

→吐き続けるからか、唾液が出続けるからか、口唇炎にすぐになります。医薬品のモアリップが一番効きますので、ボロボロになる前に買って塗っておいてください。味とか清涼感は特になく、私的にはワセリンみたいな付け心地でした。私はいつも唇が切れまくってボロボロになってからケアを始めてしまうので、修復にだいぶ時間がかかりました・・・。

できそうならやっておきたい

①ボディクリームで腹部のケア

→つわりで痩せて、ガッサガサのままつわりあけして少しでもおなかが大きくなると、まあバリバリに割れます。妊娠線ってミミズばれが沢山できたみたいで、けっこうグロテスクなんですよね。もともと別に妊娠線できたって誰に見せるわけでもないし・・・と思っていた私ですら結構なショックをおこすビジュアルだったので、できそうなら防止してください。

今回私が次こそは妊娠線新しくつくらないぞ!と意気込んで、ひたすら比較サイトをめぐって見つけ出したのが「ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム」。思ったより高いけれど、はちみつのような優しい香りと着け心地でのびもよくコスパはよさげです。現在風呂上りに1回のみの使用ですが、新しい妊娠線はできていません。比較サイトでも絶賛されていたので、妊娠線を作りたくない方にはオススメです。

②スキンケア

→私はもともと肌がものすごく弱いわけではないので、つわり中の肌ケアは全くしていませんでしたが、少し動けるようになってから乳液だけでもつけてみるとやっぱり全然違いました。妊娠中は敏感肌になって普段の化粧品は受け付けないという方へ、私のオススメの化粧品は「アルビオンの乳液」です。以前、ストレスなど様々な条件が重なって、ひどいにきびと肌荒れ&何をしてもよくならない&悪化の状態だった時に「アルビオンのスキンコンディショナー」を使用したのですが、その際に美容部員さんから「1本だけ使うなら乳液!この乳液は肌と同じ成分でできてるから、肌を修復してくれるんだよ」と教えてもらってから使い始めました。以来数年使い続けていますが、一度も肌荒れしていません。ちなみに面倒くさがりなのでほとんど乳液しか使ってません。合うあわないはあるかもしれませんが、もし探されているなら一度試してみてください。

③UVケア

妊娠中はものすごくすぐにシミができます。私も前回の妊娠時に何にも知らずに適当に過ごして、相当シミができて夫に指摘されたときはさすがにショックを受けました・・・。産後しばらくしたら薄くはなるものの、完全になくなるわけではないです。なので、今回のUVケアは念入りにすることにしました。私が購入したのは「アルビオン スーパープロテクションUVカット」です。毎日きついのでたいしたスキンケアもしたくないし、塗りなおすのも手間だし、朝のベースメイクは日焼け止めと軽くパウダーくらいなので、肌に長時間触れるものならと奮発して購入しました。毎日パール一粒くらい縫ってますが、とりあえず3カ月はもっているし、日焼け・肌トラブル一切ないです。テクスチャも柔らかめでよく伸びるし使用感は高いだけあって抜群にいいです・・・。私と同じで考えるのも面倒な人にはオススメです。

少しでも始められそうなことはあったでしょうか?

無理が一番禁物なので、できそうなことを、できそうな時期から少しずつ、やってみてくださいね。

↓この記事が気に入ったらシェアしていただけると嬉しいです↓

おすすめの記事