つわり中の胆石で激痛!どうしたら?

つわりで具合が悪いのに、お腹に激痛が、、、

病院で調べてもらうと胆石だった!どうしよう。。。

不安ですよね。

そこで今回は胆石とは何か治療法や妊娠中に手術となった場合どうなるか

お伝えしようと思います.

胆石とはなにか?

胆汁は肝臓で作られ、胆嚢で濃縮されます.食事を取ると、ぎゅーっと萎んで十二指腸へ胆汁を送ります.


胆汁は十二指腸(小腸という栄養を吸収する器官)で膵液の持つ消化酵素を活発にして、脂肪やタンパク質の分解を助けています.


この胆汁がなんらかの原因で固まってしまったものが胆石です.


妊娠中は悪阻などで胆嚢の動きが減る傾向があり、胆汁が長期に渡り停滞しやすくなったりコレステロールが高くなったりして胆石を発症することがあります.発生率は100人中2人程度です.


発症すると、肝臓の下あたりにあるので右のお腹や背中、みぞおちが痛む感じがします.また、ムカつきや嘔吐などつわりと同様の症状が3割程度に起こるようです。

また、症状は繰り返しやすいと言います。


似ている症状に虫垂炎(盲腸)がありますが、その場合はもっと下の方が痛みますのでもし下の方が痛かった場合は虫垂炎を疑ってください。どちらも腹部超音波などでの検査が必要になります.

 

サウザー
めっちゃつらそう・・・。どうやって治すの?

 

通常の治療法
安静にする
食事を抜く
③点滴等で水分を補給する
④炎症がある場合は、抗生剤などを使って炎症を止める

それでもよくならず、妊娠中に胆石で急性胆嚢炎を起こし痛みが強くなった場合でも、できる限り手術はしません。しかし妊娠中は症状を頻繁に起こしやすいため、食事が取れない場合など、赤ちゃんへの影響を考えて腹腔鏡手術となることがあります。手術となるのは全体の10−25%程度です。

サウザー
妊娠中なのに手術して、赤ちゃんは大丈夫なの??
胆石の腹腔鏡下手術

手術となった場合、<腹腔鏡下手術>というお腹に小さな穴をあけ、そこから細い機械を使って胆嚢を摘出する手術が主に行われます。
妊娠中期に胆嚢摘出術を実施した論文によると、全身麻酔で摘出、手術後は翌日から食事可能、3日後に退院でき、無事に出産されたようです。
論文によると、長い期間の絶食や栄養不足の方が赤ちゃんへ悪影響が大きいと考えられているため、手術は妊娠中期に行うことが勧められています。

参考文献:妊娠20週妊婦の胆石胆嚢炎に対して腹腔鏡下胆嚢摘出術を施した症例

現在は医療機器、医療技術のめざましい進歩により手術の安全性も高まってきました。もちろん手術をしないに越したことはありませんが、どうしても苦しく辛い日々を過ごさなけらばならないならば、信頼と実績のある医者の元で手術を検討してみるのも私はありだと思います。

また、ストレスでも体の循環が悪くなりつわりも相まって症状が悪化することがあるので、なるべくストレスをためずに過ごすようにしてください。

↓この記事がいいなと思った方はシェアしていただけると励みになります↓

おすすめの記事