つわり中のたべもの

食べられるものだけ食べていればOKなんですが、

キツいですよね。

赤ちゃんは、母体から沢山栄養をもらっているから

全然へっちゃらなんだそうですよ。

まだいろいろと試せるという方は、

ビタミンB6(果物・米・にんにくなど)

ビタミンB1(豚肉・うなぎ・玄米など)

タンパク質(肉・魚・豆・乳製品など)

食物繊維(きのこ・海藻など)

などがつわりを緩和させる可能性がある栄養素らしいので試してみてください。

そんなのもう試したよ!!

でも無理だった!!!という方へ


胃が丈夫な方

においの少ないもので、吐きやすいものなら何でもOKです。

高カロリーなら少量でエネルギーの摂取もできるし

ひとまずケトン体が減るのでよいと思います。

マリービスケットやチョコレートも胃が悪くないなら

すぐ溶けて吐きやすいのでよかったです。

胃が弱い方

においのない、消化にいいもので、吐きやすいものを食べてみましょう。

すっぱいものは、たべたあとに胃酸を多く出すのでNGです。

胃の弱い私がオススメするのは、

● もも、メロン (つるっとしてて柔らかくて吐きやすい)

● 青りんごゼリー (給食で出るようなのが甘さ控えめで食べやすい)

● 味のないパン (少量ずつ食べるとすぐ溶けるのでよい、食べた感じも少ない)

です。

よければ試してみてください。

その日の調子によっても食べたいものは変わってくるので、

上記を意識しながら食べるものを選ぶと後々後悔しなくて済みますよ。

↓この記事が気に入ったらシェアしてくださると励みになります↓

おすすめの記事