つわりと仕事

仕事しながらつわり。キツいですよね。

どんなに頑張ってもパフォーマンスも下がるし、キツいし、散々です。

頑張って乗り越える余裕のある方はいいのですが、

私のようにキツくてどうしようもない!という方もいらっしゃると思います。

キツくなって、立っているのも座っているのも辛い!!という状況になったら

落ち着くまで休みましょう!

なぜなら、つわりは耐えれば耐えるほど、取り返しのつかないくらい悪化するためです。

どういう原理で悪化してしまうのか

水も食事もとれないと、体は脂肪から「ケトン体」を作り出し、

最低限生きるのに必要なエネルギーを補おうとします。

このケトン体が体内にあふれた状態になると、

吐き気がますます強くなります。(ケトーシス)

このことに気付かずに、あまり食べない⇒吐く⇒ケトン減らない⇒吐くを

ひたすら繰り返してしまったのは私です。笑

食べて吐くのがあまりにもつらくて、色々放棄してしまったのですが

水分とカロリーだけはもっととるべきでした・・・。

そうすれば2カ月も入院しなくてよかったかもしれない。。

それでも会社が心配なあなたへ

あなたがどんなに尽くしたとしても、あなたの体と赤ちゃんに何かあったとして

会社は何も、絶対に保証してくれません。

おなかのなかの命と生まれた命、本当は同じはずなのに

なぜかおなかにいるときは自分だけが頑張っている気がして、無理しがちですよね。

おなかの赤ちゃんとは一度きりの出会いです。

あなた自身の後悔のないように過ごしてくださいね。

↓この記事が気に入ったらシェアしてくださると励みになります↓

おすすめの記事