つわりってどうやっておわるの?

スッと消えた!という方もいるようですが、

基本的に「徐々に」治っていきます。

なぜなら内分泌系(ホルモンの分泌)は徐々に治まっていくからです。

イラストにするとこんな感じ・・・


私たちの脳から出た命令によって、

hCGホルモンたちがドバドバ出て

ホルモンたちが胎盤さんの作成を促します。

このホルモンたちは、非妊娠時の女性や男性には見られないホルモンたちです。

このホルモンたちが、以前ご説明した吐き気を催すホルモンです。


胎盤さんが成長してきたら、だんだんとホルモンさんの数が

少なくなってきます。

そのため、吐き気を催す度合いが減っていき、

つわりが少しずつマシになっていきます。


胎盤が完成したら、ホルモン達は

かなり少なくなってきて、以降は一定の数で安定します。

そのため、終盤まで

いつもよりなんか気持ち悪い・・・

程度は残ったり体質によっては嘔吐が続く場合もありますが、

出産するとホルモンの分泌がなくなるので

「ウソみたいにスッキリ!」なくなるようです。

吐き気がおさまってきても、

休んでいた胃腸・体はヘロヘロになっているので、

そのあたりも少しずつ、

仕事に慣れさせていかないとびっくりしてしまいます(ぶり返し)。

1日中マシな日 ⇒ 1日中キツい日 ⇒ 半日マシな日 ⇒ 一日中キツい日

みたいな感じで、少しずつ治っていきます。嘔吐の回数も一緒です。

なので、少しでもマシな時間が増えてきたら、

「おっ、胎盤が完成してきたかな?」程度に思って

希望を持ちすぎずに、焦らずゆっくり過ごしていきましょう。

ぶり返した時の絶望感が半端ないので・・・(経験談)

↓この記事が気に入ったらシェアしてくださると励みになります↓

おすすめの記事