そろそろ12週なのによくならない・・・

なんで?

キツいよ、限界だよと思っていらっしゃると思います。

早くからはじまったひとならばなおさら。

私もそうでした。

ホルモンは落ち着いてきているはず・・・なのになぜ?

もしかしたら、胃が悪いのが原因なのかも!

と思ったピロリ菌(*注1)保有者で慢性胃炎・逆流性食道炎の私があみだした

12週過ぎた方へオススメの過ごし方をお教えします!

① 食後2時間は体を起こしておく

⇒ 食べた後に出る胃酸が食道へ逆流することを防ぎます

② 胃粘膜保護の薬を1日3回服用する

⇒ 荒れた胃のケアをします。(AM酸を飲んでました。)

③ 吐くときは、必ず直前に何かをたくさん飲んで吐く

⇒ 胃酸を薄めてから吐くことで、食道炎を防ぎます

④ できる限り飲食し、「ケトン体を作らず排出」を意識

⇒ ケトン体が体に蓄積されている状態(ケトーシス)は、吐き気を悪化させます。

  なので、できる限りたくさん飲んで、栄養を摂取し、

  (だらだら食べるのは胃酸が出るので注意)

  「ケトン体を作らない」

  「ケトン体を体から排出する」

  ことを目指します。

⑤ 寝るときはなるべく右向きで寝る

⇒ 胃の形にもよりますが、右向きで寝ると胃の内容物が十二指腸へ流れやすくなります。

  放射線技師なのでよくバリウム検査してるんですが、ほんとにその通りに流れます。


以上が私のあみだした過ごし方です。

皆様へも効果があればいいな・・・と願っています。

きっとこのころには、吐くことには慣れてきて、吐くとき少しだけ余裕がある

が、

メンタル的にはもう限界!でしょう。

あなたは十分に頑張っています。

あと少しです、一緒に頑張りましょう!

(*注1:胃がんの原因と言われている胃酸の中に生息する菌。胃潰瘍の原因にもなる。胃が悪い人の胃の中には、ほぼほぼこの菌がいて粘膜を荒らしている。ちなみに保菌率は年々減少傾向で、地域差がある。)

↓この記事が気に入ったらシェアしてくださると励みになります↓

おすすめの記事